地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀には死を悔み悲しみを味わいながら、お別れの儀式といった感じで行い、やがて納骨してお焼香をしたりするでしょう

地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀に対する内容と納骨の意味について

我々人間は生まれながらにして人生を歩み、やがて最終的には死を迎えるという過程を経て成り立っています。まずは葬儀は人間が死亡した時に行う行事の出来事とも言いますよね。親族を中心に会社や友人の関係者などが参列してお焼香などを行っていく、こうした人間の死のお悔やみを通じてお別れの挨拶をしていくのであると思います。葬儀には夜に行うお通夜とその翌日に行う告別式があり、告別式が終了した後に火葬場へ行って遺体を燃やし骨にして納骨を行っていく葬儀を経てお焼香といった流れで一通りの葬儀が行われるのが葬儀のしくみともいうでしょう。

人間の死というものはどれだけ貴重か?死んだその人の魂をしのむのも葬儀の場ではないでしょうか?人間誰しもは必ず死を迎えることになります。そのためにも今の内に自分がいつ死んでもよい様に葬儀や納骨を自分の身内の人々がやりやすい様に準備も必要であると思います。それに絡んでくるものといえば例えば終身保険などの葬儀の費用が補償されるのも該当するでしょう。葬儀に貴重なのといえば死んだ人の魂を安らかにお迎えすることでもあるものだと思います。

葬儀に行う納骨の貴重なことは魂に安らかさを与えるといった意味なのかも知れません。死んだ人間を骨に燃やすまでに約1時間ほどかかりますが、遺体が焼き上がって納骨を行う過程といったら親族が2人一組になって箸で骨をつまみ納骨入れに入れて行く流れがどういった意味なのか?多分亡くなった人の魂への挨拶とお礼の印なのかも知れません。