地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀を終えてから、納骨式があると思いますが、時期はその家族でそれぞれなんじゃないかなと思います。

地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀を終え納骨を行う

遺骨を骨に納める事を納骨と言います。納骨の時期は特に決まっていないので、遺族の都合が良い日を選ぶと良いと思います。ただ、遠方から足を運ぶ親族に配慮し、ある程度決まった法要に合わせて行うのが一般的だと思います。ですので色々都合のいい日を聞いたりして、一周忌や速いもので四十九日がベストなんじゃないでしょうか。葬儀の当日に火葬場から直接納骨と言う事もありますが、個人的に最近葬儀に出席しましたが、火葬場から帰ってくるのは午後の遅い時間になったりしますし、其処からお教を唱えたりして貰う訳で、そうなるとどうしても時間もお試適ますから、日を改めた方が良いんじゃないかなと思います。ですので、直ぐに納骨せず、しばらく遺骨を自宅に置いて週七日や四十九日を迎えた方が良いんじゃないでしょうか。納骨の時には納骨式を行います。その時僧侶を招き、お経を読んで貰いますが、親族だけでなく、場合によっては親しい友人を招く時もあります。その辺は喪主だった人やその家族で話し合いをしておくべきなんじゃないでしょうか。其処からは宗派によって流れが違うかもしれませんが、ある程度教えてもらえたりするので、それに沿っていけばいいと思います。

納骨にはしっかり火葬許可証と言われる物が必要となりますので、それを前もって寺院にお願いしておくことが必要だと思います。葬儀の時にお坊さんと会いますから、時間的に余裕があれば、その時に先に伝えておくと言う方法もあるかもしれません。