地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀を終えても、様々な理由で納骨できないご家庭が増えているようです。果たしてその理由は何でしょうか?

地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀を終えても納骨できない理由

一般的に、葬儀が終わり、四十九日法要から一周忌までに納骨を済ませるという事になっていますが、様々な理由からそれが叶わぬ方が増えているようです。昔ですと、特に私などは田舎育ちですので、葬儀等は親戚や近所の方の協力のもと、非常に手際良く行われていたように感じます。もちろん納骨も同じで、お墓も当然近所に代々のものがありましたので、ごく普通に行われるものとばかり思っておりました。ところが最近は違ってきているようです。

納骨ができない主な理由は一つに墓地が無い。特に都会ではこれが一番の理由かもしれません。できれば自宅に近い場所にお墓を持ちたいと思うのは当然ですよね。遠ければお墓参りも大変ですし、何よりもお墓参りその事が面倒になってしまいます。そしてもう一つは金銭的余裕が無いと言う事です。例え自宅の近くに手頃な墓地を見つけたとしても、やはり都会あたりですとものスゴい額の使用料を取られたりしますし、その上墓石だってタダではありません。お墓というものはお金がかかるものです。たとえば、故人が残してくれた遺産を、果たしてお墓にほとんどつぎ込んでしまうのがいいのか、はたまたせっかく残してくれた遺産なので、やはり生きている人間が使った方がいいのか迷うところです。

葬儀が終わっても納骨できないというのはちょっぴり残念な気持ちもしますが、やはり残された方の負担になりたくないと思うのが故人の気持ちだと想像いたします。今ではお墓やお寺ではない納骨に特化した現代型の施設(東京御廟等)もあります。最後はいくらかけたかではなく、どれだけ故人を想っていたかということが大切なのだと思います。