地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

最近の葬儀における納骨に関すること変化について、埋葬の関係にも影響を及ぼしていることについて検討する。

地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀における最近の納骨について

あらゆる生き物に関しては、生を受ける限り死がつきまといます。誰しもが平等に死というものを体験することになります。そのためか、昔から現代に至るまでも死に関する風習はずっと我々に引き継がれてきました。確かに、世間はさまざま変化し、その時代に応じた変化はありますが、それでも、死に対するある主の儀式というか、死者に対する生前の感謝、故人を偲び、また葬儀を実施した後も、お墓などで祀るというのが世界は広いですし、あらゆる宗教がありますが、大抵どんな宗教で実施しています。ある意味インドで死者をガンジス川に流すことも聖なる川へ埋葬するという意味では我々がお墓に祀ることと何ら変わりはありません。しかし、大昔から続いてきた死者への葬儀ですが、それでも少しずつ変化はあります。最近では、お墓の形や埋葬システムが変わってきたのがある意味大きな変化ですよね。

最近では、人間関係が簡素化してきたり、少子化になったりした影響からか、葬儀でも家族葬なる小規模型が多いです。また、お墓も祭祀承継してくれる人がいない関係からか、永代供養をお寺などに頼むことができるシステムもできました。そのうえで、お墓があっても管理できないというので、骨壺を埋葬するのみのスペースを購入するようなシステムができました。このシステムは日本において葬儀にまつわる中でもかなり概念を覆す大きな変化になったのではないでしょうか。しかし、このシステムが確立したは、埋葬するのは土葬でなく、火葬した骨のみを納骨するようになったからこそ実現できるシステムではないでしょうか。大昔は火葬せず土葬でしたので、土葬であれば、これからのシステムはできなんですから、やはり埋葬システムにも影響を及ぼしていると思われますね。