地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀の一部である納骨式は、必ずしも葬儀の日にやらなくてはいけないと言う決まりはありません。

地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀の一部の納骨式の決まり

葬儀が終わると納骨をします。納骨は必ずしも葬儀の日にやらなくてはならないという決まりはありません。納骨をするお墓があるかないかはその家々によって違います。お墓がない場合は、お墓を用意することから始めます。今は、お墓を持つか持たないかも自由なのでお墓を持たない人も増えてます。お寺などで遺骨を預かってくれるところもあります。どんな形で納骨するかは自由に選択することができます。

誰を呼ぶかも、形式にこだわる必要がなく、故人が生前仲の良かった友人や近い身内だけでやっていいのです。納骨式は、四十九日に行う人もいれば、一周忌に行う人もいます。その時までにお墓を用意する場合は準備しておきます。お墓を持たない場合はどこに預けるか決まっていれば問題ないのです。預ける場合は、そこに行って納骨式をやれば終わりです。遺骨を納めることが目的なのでお墓に納めるか納めないかは問題ではないのです。お墓に納める場合には、塩を持参していきましょう。以前に納骨してあるものがあるのでそれを一回開けてしまうからです。

また、内容ややる場所も様々です。レストラン、会場、居酒屋、自宅など納骨式が終わったあと、食事ができる場所ならどこを選んでもいいのです。故人が生前、カラオケか好きだったという理由からカラオケボックスを選ぶ人もいます。また、料理の方も出してはいけないと言う料理もないのでどんな料理を出しても問題ありません。納骨は、形式にこだわらずに自由にやることがいいと思います。