地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀後に行う納骨は、仏式の場合葬儀後の四十九日や一周忌などの法要に合わせ行い、納骨後埋葬完了となります。

地域によって違う葬儀と納骨のしきたり

葬儀の納骨のマナーについて

葬儀の後にやらなければならないことは、故人の法要です。それに合わせて納骨もします。納骨は、地方によっては葬儀後すぐに納骨する場合もありますが、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行います。仏式では、お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせます。またお墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し納骨するのが一般的です。先祖代々の墓や位牌のある菩提寺の僧侶に相談する場合や、お墓が遠方にあったり、すぐに納骨できるお墓がないなどの理由があれば、お寺や霊園にある納骨堂に一時的に預かってもらうということもできます。だいたい三周忌をめどに正式に納骨を行うようです。

遺体をお墓に葬る事を「埋葬」と言います。現在では、遺体を火葬して遺骨を墓石の下の納骨室に骨壷ごと収めています。したがって遺骨を納骨室におさめたところで「埋葬」は完了するということになります。納骨をする時は、納骨式を行います。故人の近親者、ごく親しい友人、知人などごく内輪で行います。仏式では一般的に忌明けの四十九日に納骨することが多いようです。本堂で法要をして、その後お墓に出向き、お経をあげてもらいます。納骨後は参列者全員で故人の供養のために会食をします。場所は自宅や料亭、レストラン、ホテルなど様々です。会食の席では、施主が納骨後の挨拶をしますが、内輪の集まりなので、形式はあまり気にしないようです。このとき簡単な引き物を配る場合もあります。